【目次】

EDは非常にデリケートで悩ましい問題ですが、バイアグラが開発されたことで多くの男性が救われました。
バイアグラはED治療薬の先駆けとして世界中で愛用されており、その効果の高さも人気の秘訣となっています。
ただ、これまでバイアグラを使ったことのない人はどんな薬なのか分かりにくく、不安やためらいを感じてしまうことも多いです。
実際に使う前にバイアグラの効果や服用方法、購入方法やジェネリックの有無など、基本的な知識を覚えておくようにしましょう。

バイアグラの効果作用

バイアグラはEDを改善する効果のある薬ですが、無理に勃起を引き起こすのではなく、EDになっている原因を解消して自然な勃起を助けることが主な目的です。
つまりバイアグラさえ飲めば誰でもいつでも自由に勃起できるというわけではなく、性的な刺激を受けて初めて勃起が可能になります。
このため、何でもない時に服用しても効果は発揮されないので注意しておきましょう。

バイアグラの主成分は、シルデナフィルという物質です。
もともとED治療のために開発されたものではなく、他の病気の治療のために開発されたものでした。
臨床試験中にたまたまEDだった患者が勃起可能になったため、ED治療薬としての効果が発見されて本格的な開発に繋がりました。

そもそも勃起は、男性が性的興奮や刺激を感じることで脳が指令を出し、血管を拡張させて男性器に血液を大量に流し込むことで発生します。
男性器は血液が行き渡ることで膨張して硬くなり、勃起状態になります。
ED患者の場合、何らかの原因で血管が正常に拡張しなかったり血行が悪かったりして、男性器に十分な血液を届けることができません。
こうなってしまう根本的な原因は患者ごとに様々ですが、血管が広がらなくなる直接的な原因はPDE5という酵素の働きにあります。

PDE5の量が多くなると血管が拡張できないので、EDを改善するにはこの酵素をどうにかしなければなりません。
ここで役立つのがバイアグラの主成分、シルデナフィルです。
この成分には血管の拡張を阻害しているPDE5酵素の働きを抑制する効果があり、服用することで血管がスムーズに広がるようになります。
血管を拡張すれば血流量も増え、自然な勃起が可能になるというメカニズムで効果を発揮してくれます。
ただ、どんなに高い効果を持っていても正しく服用しないと意味がないので、必ず服用方法を守るようにしましょう。

バイアグラの正しい服用方法

バイアグラは服用方法を間違えると効果が半減してしまうので、必ず正しく使う必要があります。
基本的な服用方法は、まず空腹時に飲むことと性行為の1時間前を目安に飲むということです。
これ以外には特に難しい服用方法や注意点などもないので、覚えてさえいれば誰でも実践できるでしょう。

バイアグラの主成分のシルデナフィルが効果を最大限に発揮するためには、血液中に十分に吸収される必要があります。
服用してから血液中に作用するまでには早くても40分ほどの時間がかかってしまうため、直前に飲んでも十分な効果が得られません。

バイアグラは飲んでから約1時間後に血中濃度が最大になるため、この時間帯が効果のピークとなります。
その後は時間の経過とともに効果は下がっていき、約3時間から4時間ほどでピークの半分ほどに落ち込んでしまいます。
あまりに早く服用しても肝心な時に効果が低くては意味がないので、できるだけ1時間前を狙って飲むようにしましょう。

また、食事との関係性も重要です。
食事の後に飲んでしまうと、胃や腸にある食べ物に主成分が混ざってしまい、体内に吸収されることなく体外へ排出されてしまいます。
せっかくの成分が無駄になってしまうので、食べ物に取り込まれないように食事の前に飲むことが重要です。

食前の服用でも、その前の食事で脂っこいものやカロリーの多いメニューを食べた場合は注意が必要です。
基本的に食後2時間ほどで食べ物は消化されるのですが、油分が多いものを食べると6時間ほど胃や腸に食べ物が残っていることがあります。
食前に飲んだつもりが食後と大して変わらなかったというケースもあるので、バイアグラを使う予定があるならその日はできるだけヘルシーな食事にしておきましょう。

バイアグラの購入方法は医師の処方か通販で個人輸入

バイアグラは医薬品なので、一般的なドラッグストアでは販売されていません。
使用したい場合は、基本的に病院へ行って医師の診察を受け、使用しても問題ない場合のみ処方してもらえます。
専門の知識を持つ医師の判断の元で使用できるので安心感があり、正しい服用方法などのアドバイスをもらうことも可能です。

ただ、病院処方の場合はバイアグラ1錠あたり5mgで1,000円から1,300円、50mgの場合1,500円から2,000円もします。
いずれも1錠、つまり性行為1回あたりそれだけのコストがかかってしまうので、頻繁に使用するのは経済的な負担が大きいです。

バイアグラは自由診療なので、病院が自由に価格を決めることができます。
病院によってはもっと安かったり高かったりすることもあるので、事前に問い合わせてみると良いでしょう。
また、病院を受診する以上は初診料や診察料も必要になり、検査なども行えば5,000円から10,000円ほど必要になります。

こういった経済的な負担が辛い場合は、通販で個人輸入すれば病院を通さずに購入することもできます。
自分が使う分であれば海外から医薬品を個人輸入することが認められており、バイアグラも例外ではありません。
通販では病院処方より若干安い価格で販売されているので、病院へ行く手間や診察料を節約したい場合には役立ちます。

初めてバイアグラを使う場合は医師の指導の元が安心ですが、既に使ったことがあるならわざわざ病院へ行かなくても通販で入手すれば十分です。
通販でのバイアグラの購入方法は簡単です。ただ、バイアグラは人気商品なので通販で偽物が出回っていることが多く、間違いなく正規品を購入できるようにあんしん通販薬局のような信頼できる通販サイトを選ぶことが重要です。
大手や日本法人、取引実績や利用者の口コミが多いサイトを優先的に利用し、安いからと言ってメジャーではないサイトを使わないようにしましょう。

バイアグラのジェネリックの購入方法は?

現在は本家バイアグラの特許期間が切れたため、いくつかのジェネリック版が販売されています。
バイアグラは世界中で大人気のED治療薬なので、様々な医薬品メーカーがジェネリックを製造しており、日本国内の病院でも何種類か購入することができます。
病院ごとに取り扱う種類も価格も異なるので、欲しいジェネリックが決まっている場合は受診する前に問い合わせた方が良いでしょう。

病院処方の場合でも、研究開発費のかかっていないジェネリックなら本家のバイアグラより安い価格で購入することができます。
1錠あたり1,000円前後という価格設定が多く、僅かではありますが節約になります。
継続してED治療薬を使いたい人にとっては大きな助けとなるので、処方してもらう薬局でジェネリックを指定してみましょう。

自分が使いたいジェネリックが近所の薬局にない場合や、もっと費用を抑えたい場合はバイアグラと同じように個人輸入で購入することができます。
海外製のジェネリックの中には非常に安く作られているものもあり、通販なら多種多様なジェネリックを取り揃えているので選択肢が広がります。
単品購入でも1錠あたり300円から500円ほどで購入できるものが多いので、本家のバイアグラを購入するより経済的な負担も小さいです。

しかも通販の場合、まとめ買いをすることで単品購入するよりずっと割引が効き、驚くほど安い価格で購入できます。
厚生労働省の指導により、個人輸入では1ヶ月分相当量までしか購入できないという制限があるので注意が必要ですが、できるだけまとめて買った方が節約になります。
このようにお得にまとめ買いできるのは通販ならではといえるので、試してみると良いでしょう。

関連ページ