女性用バイアグラは本当に効果あるの?

女性用バイアグラは2015年にアメリカで発売が開始されて以来、急速にその販売数を伸ばしてきました。
それまでも、オーガズム障害や性的興奮障害などの不感症で悩む女性は、アメリカを始め世界中に数多くいました。
しかし他人に相談することを躊躇する女性が大半であったことから、その治療薬の研究が遅れていましたが、ようやく女性用バイアグラが開発されたことで、多くの女性に希望を与えています。

日本においては、ジェネリック医薬品の製造で有名なインドのアジャンタファーマ製薬会社が製造しているラブグラが最も一般的な女性バイアグラになります。
主要成分は、ED治療に使用される男性用バイアグラでもお馴染みのシルデナフィルです。
この成分には血管を拡張し、血流を良くする効果が実証されており、女性が服用すると、性的興奮や刺激に対して反応して女性ホルモンの分泌を阻害するPDE-5という酵素の過剰分泌を抑制し、女性器周辺の血管が拡張され血流が促されることから、膣内に潤いオーガズムを感じやすくなります。

ラブグラは1錠あたり100mgの錠剤であり、セックスの1時間程度前に1錠服用することで、その効果が4~6時間程度持続します。
ラブグラは腸から吸収されることから、食後2~3時間後の空腹時に服用するのがベストタイミングとされており、効き始めると体が温かく感じてきます。
しかしながら、服用したからといって直ぐにセックスがしたくなるものではなく、あくまでも性的な興奮が高まり、刺激を受けた際に作用するものです。
実際に服用した女性の多くがその効果を実感しており、リピーターが大半であることからもその効果がわかります。

ラブグラは医薬品ですから安全なお薬ですが、体質やその日の体調によって副作用を引き起こす場合があります。
代表的な症状としては、身体のほてりや鼻づまり、頭痛、息切れ、動悸、胃もたれなどがあげられます。
そのため、初めて服用する場合は、ピルカッター等でラブグラを4分の一程度にカットして服用して徐々に慣らしていくと良いでしょう。
ただし、1日に服用できるのは1錠だけですから、次の服用までは少なくとも24時間は間隔をあけることが必要です。

ラブグラには男性用バイアグラと同様に血管を拡張する作用がありますから、血圧や血中濃度を変える薬は併用禁忌薬となりますので服用できません。
また、妊娠中や授乳中の女性も服用は禁止されています。
稀に同じシルデナフィルが主成分だからといって、ED治療を目的に男性が服用する場合がありますが、副作用が過剰に引き起こされる可能性が高まりますので絶対に服用してはなりません。

女性用バイアグラは通販で入手!価格は?

女性用バイアグラの出現で、不感症に悩む多くの女性がその効果を実感して喜んでいます。
しかしその一方で、薬局などで購入することに抵抗を感じている女性も少なくありません。
というのも多くの女性にとって不感症であることを他人に知られることは苦痛以外の何物でもないからです。
また、当初日本では女性用バイアグラを入手するためには、個人で輸入している人から通販で購入するしか手立てがありませんでした。
しかし一部では偽物が出回り大きな問題にもなったことから、どこで入手すれば良いのかわからないという女性も少なくありません。

しなしながら、ラブグラはジェネリック医薬品であることから、安心して購入することができますし、もちろん通販で入手することが可能です。
通常、ラブグラは1錠あたり100mgの錠剤が4錠1シートで販売されています。
1シートあたり2,000円程度が相場となりますが、購入するシート数が増えると割引となる場合もありますので、1錠あたり300円~500円程度で購入することができます。
稀に体質に合わない女性もいますので、まず1シート購入して実際に使用して見ると良いでしょう。

また、個人輸入業者の通販を利用する際は、口コミサイトなどでその業者が信用できる業者か否かを見極めて業者を選ぶことが大切です。
医薬品の個人輸入は、薬事法で個人的な利用に限られていますから、男性名義で女性用バイアグラを購入しようとすると、商用目的の個人輸入として疑われてしまうこともありますので、必ず本人名義で購入する必要があります。
女性バイアグラについては、徐々にその種類が増えていますので、ラブグラを購入するのであればその名称をよく確認して購入することも大切です。

関連ページ