猿みたいな外見に悩んでいます

“私は顔が猿みたいな顔をしているので、それによってこれまでずっと悩んできました。
私が生まれた時の写真を母に見せてもらったのですが、この時点でもう猿みたいな顔をしていたのです。
顔が猿に似ているなら未だ救いはあるのですが、それに加えて体毛が濃いのも猿のような外見を決定づけてしまっているのです。
毛深いのは小学生の頃からで、小学校高学年の頃にはもう、うっすらとひげが生えていました。
ですからつけられるあだ名はいつも、猿とか類人猿とか北京原人とかだったのです。
大人になってからは直接的にどうこう言われることはなくなりましたが、私の顔を見て笑っている人も居るので、未だに猿顔の呪縛からは逃れられていないのです。
もう慣れたと言えば慣れたのですが、この先もこの猿顔と付き合っていくのかと思うと、気が重くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です